ガレージのリフォーム費用・見積もりを考える

車が好き!!という方には特に気になるガレージ!
特に車好き、というわけではなくても、出し入れしやすいガレージや、車の汚れを気にしないでもすむようなガレージには興味がある、という方も多いのではないかと思います。

もともとガレージをつけていなかったけどそろそろなんとかしたい、
今あるガレージが古くなってしまったから新調したい、という時に、
やっぱり気になるのは「一体どれだけかかるの?!」というところではないでしょうか。

ご自身でやられる方も中にはいらっしゃるかもしれませんが、大きいものですし、それこそ高額な車を守るためのガレージですから、とりあえずの施工には不安がありますよね・・・。

そこで、ガレージ周りのリフォームについて色々と調べてみることにしました。
中心的な価格は、50~100万円といったところのようです。

それだけではイメージもつかめないですよね。
次に具体的な例をみてみましょう。
たとえば、駐車場スペースが傾斜地の場合の施工例から見てみましょう。
こういう方は結構困っていらっしゃるケースが多いようですが、このリフォームで、不自然におかれていたステップも撤去でき、快適に出し入れできるなだらかな傾斜のセメント張りの駐車スペースを確保されました。
この例の施工費用は70万円ちょっとでした。

また、自宅の玄関から、門扉のある位置まで、車を止めたり、自転車を置いたりする位の横幅しか空いていない、だけど完全に日当たりを遮ってしまったような位玄関にもしたくない、という方に最適な、日差しも入る屋根がついたカーポートを設置した例をみてみましょう。
仕上がりも自然、暗くなりすぎず、それでいて玄関をでてすぐ急いで傘をさす必要もなくなり快適性もUPしたこの施工例でかかった費用はこちらも、70万円ちょっとのようです。

また、デザイン性も考えられた施工例でかつ、雪国の積雪にも耐えうる施工例であるものをみてみると、これは本当に仕上がりはすっきりと、それでいて車も人も出入りしやすい玄関前のカーポートですが、施工費用は90万円ほどでした。

思ったよりはおかねがかからないカーポート。
まだまだ長い人生をずっと我慢して暮らすよりはこういうところにお金をかけてみるのも、
この程度の金額ならありかな?と思えてきますね。

ガレージのリフォーム費用・見積もり